2008年11月09日

腱鞘炎 その2

皆様、おはようございます。

「コメント」から質問をいただきましたので、私の伝えられる範囲でお答えしたいと思います。

まず、「これは本当でしょうか?」と言う質問につきましては、ご自分が納得できるまで質問をされたらよいかと思います。

私の知らないことも多いですので・・・・・


腱鞘炎に限らず、ほとんどの整形外科的疾患は「その定義」があいまいです。

痛む個所と、痛み方・・・・と言ったところでしょうか?

腱鞘炎の場合、代表的な個所として「親指の付け根あたりでしょうか」

もちろん、「腱」は「親指」のためだけのものではありませんので、その他の指も同等ですね。

ただ、指の構成上、親指を「軸」にしたり、「力」を入れたりする事が多い事から、一番多く症状が出ると考えられます。

となると、この親指に関係する全ての筋肉の酷使が考えられますね。

自分で行える事として、次の様に分けて考えてください。

1)首〜肩

2)肩〜肘

3)肘〜手首

4)手首〜指先

関節〜関節に分けて考え、それをつないでいる筋肉をマッサージ的にほぐしてあげる事です。

3)は以前の記事を参考にして下さい。
http://jibunnotorisetu.seesaa.net/article/106378964.html

骨と骨の間を強く意識してください。

表も裏もです!

肘の際から、手首の際までしっかりと・・・・・結構痛いですふらふら


4)の部分ですが、手首の親指側に「ポコッ」と引っ込んでいる個所があります。
肘から来ている2本の骨が交わる所です。(親指の付け根部分)

この個所に反対の腕の親指を入れて、骨を肘方向にゆっくりジワ〜と押します。

10秒ずつ、3回ぐらいに分けて・・・・

あまり痛みを感じないように・・・です。

文面で上手に伝えるのは苦手なので・・・・・すみません。

まずは、この二つをしっかりとやってみてください。

続きは次回にさせていただきます。

それでは、人気ブログランキングへ参加しています。

宜しくお願いします。

ありがとうございました。

介護・福祉のお仕事探すなら【しごとの山】!!
こちらも、腱鞘炎が多い仕事ですが、人材不足です。

posted by ルハ様 at 10:52| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご丁寧にありがとうございました。
早速試してみますね!
Posted by ゴマフアザラシ at 2008年11月10日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。