2009年01月06日

座っている時の腰








皆様、おはようございます。

自分が座っている時の‘腰‘を意識しますか?


1)左右どちらかに腰が逃げている

2)骨盤が寝ている

ちょっと、意識してみてください。

ほとんどの人が、無意識で座るとこれらがあります。


1)ですと、左右のどちらかに重心が傾きます。
  当然、そのままではトータル的にまっすぐになりませんので、腰から上を反対方向に傾けバランスを取    ろうとします。

2)ですと、座っている土台が「倒れていますから」そのまま、背中が丸くなりますね。

これらは、繰り返しているとゆがみの大きな原因になります。

意識する‘訓練‘をしましょう。

椅子
に座る時間が長い人・・・・逆に、腰の状態を変えるチャンスです!

次回は、具体的な方法で書きますね。

それでは、、、、、。


posted by ルハ様 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰 (骨盤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。