2009年02月09日

膝が痛いのに・・・

皆様、こんばんは。

お客さんによく聞かれます!


「やっぱり歩いた方がいいですよね?」

病院でいわれているんですね。


痛いのに歩く事は大きなマイナスになります!

当たり前なんですよ。


その行為をして「痛い」と感じる事は、脳が「NO!」と言っています!


自分で考えてください、他力本願にならずに・・・


今までの記事読んでみてくださいね。


それでは。。。
posted by ルハ様 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

アキレス腱付近を‘モム‘

皆様、こんにちは。

以前書いたのですが、ふくらはぎの手入れって大事だし、気持ちいいですよ。

寒くなっている今は「特に」です。

で、ふくらはぎそのものは、適当な鷲掴みでも十分です!

自分が「気持ち良い」と感じるぐらいが一番GOODひらめき・・・・・です。

痛いのを我慢するのは、かえってマイナスです。


あとは、アキレス腱付近をつまむようにしてしっかりほぐしましょう!

それが、めんどくさかったら、つまんだままで足首を動かしても決定です。

こういった事は、‘やればやるだけ‘身体はこたえてくれます。

予防も含めて、1日1回ぐらいはやってもいいと思いますよ。

ではでは。。。。。。
posted by ルハ様 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

筋肉「使用不足」

皆様、こんばんは。

現代に生きる人間は、昔に比べて「運動不足」だ!
と言う事は、よく耳にします。

だれも否定しないでしょう。

では、ちょっと違った角度で考えてみましょうか?


筋肉の伸び、縮み。


どういう事か?

昔と言うより、以前は「日常生活の中でしっかり筋肉を使ってました」


例えば、‘正座‘

太ももの筋肉をしっかりと伸ばし、立ち上がるときも‘力‘を入れないと、立ち上がれません!

今は、ほとんど‘椅子‘の文化ですね。

膝の稼動範囲も「90度」ぐらいまででしょうか?

当然、弱ってくるのも早いです・・・・


もう一つ、‘和式トイレ‘

上の理由と同じですが、‘和式‘だと、座り込みます。

しかも、「いやでも一日に何度も・・・・」

現在は、ご存知‘洋式‘ですから、やはり「90度」ぐらいまででしょうか?


だから何?
と言われればそれまでですが、以前に比べてそれぐらい動かせていないと言う事実を理解しましょう!

で、たまに動かした時に‘筋肉が伸びることについていけず‘「あっ!痛どんっ(衝撃)」って、当たり前ですから・・・・


変わりになるのは、やはりわざわざストレッチをする事かな?

それでは・・・・


人気ブログランキングへ参加しています>>>>


ありがとうございました。




posted by ルハ様 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

膝の痛い人は。。。これ、気をつけて!

特になのですが、膝の痛い人は気をつけてください。

何がexclamation&question

下ることです。

階段を下りたり、坂道を下ったり・・・・・

重力+体重がかかりますよね。


どういう事かといいますと、筋肉というか、身体の性質というか・・・関係します。

‘力‘を入れて自ら筋肉を使う時と、衝撃を受ける為に‘力‘をいれる事ではまったく違ってきます!


攻撃(力を入れる)よりも、受身(守る為に)のほうが、弱いです・・・・・


この様な事で、医学的な証明はいっさいできませんが、まず、間違いないですねぴかぴか(新しい)

すでに、痛みのある人は‘体感的‘に知っている事だと思いますが、痛みのない人が、痛みのある人を誘導する事があるときは、気をつけてください!


私の‘経験‘でも、昔↓こんな事がありました。
http://jibunnotorisetu.seesaa.net/article/103825670.html

と言う事です。

気をつけましょう・・・・・

ちなみに、‘それ‘以来、同じ失敗はありませんよ!

このお客さんも、今はぜんぜんOKexclamation

でも、今でも「体格が良すぎかな〜〜〜〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)

それでは・・・・・・


人気ブログランキングへ参加しています。

ありがとうございました。
宜しくです。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



posted by ルハ様 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

重心を置く「位置」

皆様、こんばんは。

ちょっとした事ですが、立っている時の「心がけ」です。

膝から下に、2本の骨があるのはわかりますよね。

‘太い‘のと‘細い‘のです。

太い骨の上に立つ様に心がけましょう!

以外に、外に体重が逃げていて、細い骨よりに体重がかかっている人は多いです。

靴の外側が磨り減ってくる人

腰〜股関節〜膝に思った以上に負担がかかってます!

だからこそ、気をつけてexclamation

最初はできません・・・・が・・・必ず無意識にできるようになりますから、安心してください・・・・

こんな事をいちいち治していきましょうね。

これからの事もありますから・・・・


それでは、失礼します。


人気ブログランキングへ参加しています。

ありがとうございます。


posted by ルハ様 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関節付近の筋肉を緩める 膝編

皆様、こんにちは。

筋肉を緩める時の大きなポイントがあります。

緩めるといっても、激しく‘もんだり‘‘叩いたり‘するわけではないですよ。

押さえるぐらいで十分です!

自分自身で、「おっ!ちょっときてるな!」と言うぐらい・・・・

あくまで感覚の話です。

決して、「痛い!」と言うのはタブーです。

それを理解した上で、筋肉を緩める時は「骨」を意識してください。

特に関節を!

関節と言うのは、絶えず働かされています!

その周辺の筋肉に疲労があり、収縮しがちなのは当たり前です。


膝付近は、椅子に座った状態で行うのがベストです!

座った状態で、‘お皿‘の周りをゆっくり押さえます。2〜3度。

それが終われば、‘お皿‘から、股関節に向けて10センチぐらいまでを押さえます。

特に、上に向いている部分は硬いと思いますよ。

滑らすように行ってもOKです。

で、最後に、膝裏です。

これは、両手を合わせ、指を立てるようにして、その上に膝をのせます。

足(膝から下)をブラブラ動かします。

これでOKですexclamation

人間はどうしても、強くした方が効く・・・・と思いがちですが、これは‘その時‘の体感であって、実際は反対に作用する事のほうが多いんです。

ですので、「こんなので大丈夫かよ?」って言うぐらいのことを、日常の手入れにしたほうが、はるかに効果的です!

以上、是非取り入れてみてください。

それでは、失礼します。


人気ブログランキングへ参加しています。

ありがとうございました。




posted by ルハ様 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

太もも!

こんばんは。

「太もも」って、疲れてますよ。

太ももの外側を、指もしくは、手のひらでほぐす(マッサージ)して下さい。

かなり痛い!ですふらふら

が、足が軽くなりますexclamation確実にわーい(嬉しい顔)


立ったり、座ったり、歩いたり・・・・・・全ての時に「働かせられる筋肉」です。

忙しいんですよ。

少しでも、手入れをしてあげてください!

使いっぱなしだと、硬くなってしまい、伸びなくなりますよexclamation

膝も違和感にもつながります。

何気ない時の「手入れ」が大事でするんるん

それでは・・・・・・

人気ブログランキングへ参加しています。

ありがとうございます。


いやいや、「だから」お役立て下さい↓
TVショッピング大人気商品!立花みどり開発!姿勢ウォーカー
posted by ルハ様 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

足の付け根

皆様、おはようございます。

「足の付け根」とは、前側の事であります。

結構硬くなっているんですよね、この部分。

「少し痛い」を感じながら、左右で5〜6分ぐらいの時間をかけて、マッサージしてください。

指先をつかって、じわじわ押さえるだけでもOKです!

その後、開脚をすれば、なおGOODです!
足を広げて、伸ばすだけです!

足や、骨盤内部の筋肉の動きがよくなってきます。

正確には、その土台が出来ます。

と言う事は、もちろんこれだけで「よい」というわけではありませんが、いつも書きますように、この様な「小技」の蓄積が身体の安定につながります。

ついでに、リンパの流れもよくなると考えられていますよ。

まったくもってノーリスクです。

取り入れなければ「損」ですよ。

ぜひ是非、どうぞ・・・・

今から私もやりますから・・・・・


人気ブログランキングへに参加しています。
宜しくお願いします。

ありがとうございました。






毎度ですが、こちらもお役立て下さい!
あなたの愛車の修理に悩んだら⇒カーコンビニ倶楽部【無料見積】
必ず、ためになりますよ。
posted by ルハ様 at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

膝が痛い人はやせなさい!? その2

皆様、こんばんは。

自分でできるトレーニングとして、よく言われるのは「プール」で歩くですね。

これが、何故良いか?

水の中では、まず、重力を感じませんよね。
よって、膝に直接「負荷」がかかりません!

プラス、水圧に抵抗して歩きますから、「筋力強化」になります。

まさに、一石二鳥です!

いやいや、本題の「やせていると・・・」とあるように、プールで歩くと確実にやせます!

全体的に締まってきます!

これに、年齢はまったく関係ありません。

この事を実践して証明してくれたお客さんが、6人います。

少ないですか?

しかし、「痩せる」「締まる」「膝の痛み」を克服した確立でいうと100%です。

すごいでしょ?
100%ですよ!

様は、めんどくさくてやらなかったり、続かなかったり・・・・と言う事ですね。

参考にしてみてください。

それでは、失礼します。
人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

姿勢ウォーカー

posted by ルハ様 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

膝が痛い人はやせなさい!?

皆様、おはようございます。

膝の痛い人は整形外科で次の様に言われます。

「体重を減らしなさい」と。

ホントにそうでしょうか?


であれば、やせている人は痛くならないし、お相撲さんは痛いと言う事になりますね。

ちょっと、極端な表現でしたか?

結局は、骨と筋肉のバランスです。

これしかありません。

とは言え、やはり必要以上に太っている事はよくないですね。

太ると言う事は、摂取カロリーと、消費エネルギーのバランスが悪いと言う事です。


「マジに!?」という面白いものを見つけました ↓
店舗価格21,000円のダイエット商品を無料贈呈


よほどの自信なのか、こんなのも「あり」なんでしょうね。


膝が痛む人の多くは、特に太ももの筋肉が落ちています。

もちろんそれだけではありませんが、骨盤〜膝にかけての筋肉は重要です。

そこで体操や、ストレッチが関係してくるわけです。

筋力をつけようと思って、「痛いのを我慢して歩く」ことはマイナスです。

次回からは、一人でできるトレーニングなどをお伝えしますね。

それでは、失礼します。
人気ブログランキングへ

ありがとうございます。




posted by ルハ様 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

続・ふくらはぎ! 

皆様、おはようございます。

何故、「ふくらはぎ」について書くのか?

それは、全身の血液の流れに関係するからです!


ちょっとした疑問ですが、脊椎動物の中で「何故、人間だけ足首付近に筋肉のかたまりがあるのでしょう?」

同じ脊椎動物でも、犬も猫も馬も猿も・・・・・当然ですが、ありません。

何故、人間だけ??

それは、「二足歩行」だからですね・・・・・

では、何故「二足歩行」だと??

それは、「重力」があるからです!

心臓から送り出された「血液」は、動脈を通って「足の先」まで行きます。

問題はそこからで、静脈を通って「心臓」まで戻っていくには「重力に逆らって」上らなければいけませんね。

この作業をするのに、「心臓のポンプの力」だけでは、不十分みたいなんですね。

人間は、歩行時に必ず、ふくらはぎが「キュッ!キュッ!!」となり、血管を絞り上げるようになります。

この作業が、血液が戻っていく手伝いをしています。

この力を利用するように設計されているんですね。


ふくらはぎを触れば、いろいろな事がわかる場合があります。


もちろん「絶対」とは言いませんが、高血圧や不整脈がある場合、ふくらはぎの深部が硬くなっています。

歩いても、ふくらはぎが深部まで「キュッ!キュッ!!」となりづらいのか、血液の戻りがいまいち良くないのでしょうね。

そのため、心臓のポンプとのバランスが合わなくなる為に・・・・
何かと、症状が出ることがある・・・と考えられる訳ですね。


人間の身体は使うように出来ていますし、手入れをするようにも出来ています。

 筋肉も大事だし、「骨」も大事ですよ ↓
http://jibunnotorisetu.seesaa.net/article/103621018.html

 足の痙攣 ↓
http://deisa-bisu.seesaa.net/article/107194548.html


身体の力が「フル」に発揮できるようにしましょうね。

それでは、失礼します。
人気ブログランキングへ

ありがとうございます。







posted by ルハ様 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

ふくらはぎ!

皆様、こんばんは。

「ふくらはぎ」が硬く硬くなっていると・・・・・良くないんです。

アキレス腱伸ばし」は、正確に言うと、「ふくらはぎ伸ばし」です。

足首あたりにある「アキレス腱」は、上にいくにつれ(膝側)だんだんと「筋肉」になります。

「腱」と言うのは、基本的に「伸びたり、縮んだり」するものではない為に、その先にある「筋肉」の働きが重要になります。

ここをいかに、しなやかに保つか?

これがポイントです。

ストレッチの基本である「ゆっくり、ジワー」と、お願いしますね。

↓ 自分でできる「ふくらはぎ簡単マッサージ」はここで書いています ↓
http://jibunnotorisetu.seesaa.net/article/105671416.html

もちろんこれでは不十分ですが、いきなり「あれも、これも・・」は無理ですね。
せめて、これぐらいから・・・・と言った感じです。

次回は、「ふくらはぎは心臓とも関係する」事について書きますね。

それでは、失礼します。
人気ブログランキングへ

ありがとうございます。




posted by ルハ様 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

かかとが痛い!

皆様、こんばんは。
「踵が痛い」と言われる人が、結構います。

踵を直接ぶつけたり、捻ったりしていない限り、ほぼ間違いなく骨盤です。

細かく言うと、仙骨1番、5番の歪みです。

「仙骨は1枚の骨だから・・・」と言う声が聞こえてきそうですので、わかりやすく・・・・

1)仙骨1番は、腰仙関節あたりです。
2)仙骨5番は、尾骨あたりです。

以上の2箇所を的確に調整できる人は、そういません。

もし整体に行って、足に関係する筋肉ばかりほぐされたら・・・要注意です。

その筋肉の出所は、骨盤だからです。

自分でできる事は・・・・
1)ゆっくりした前屈を何度か繰り返す。ゆっくり何度もですよ。
2)仰向けになり、腰を捻る。
・・・・・・・・・・・・・・・仙骨1番
3)坐骨付近にテニスボールを置き、仰向けで「グリグリ」と。
・・・・・・・・・・・・・・・仙骨5番

以上、まじめにやってみてください。
出来ない整体にわざわざ行くより、100倍マシです!

それでは、この辺で失礼します。
人気ブログランキングへ

ありがとうございました。





posted by ルハ様 at 22:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

明け方に足がつる!

皆様、こんにちは。
寝ていて良く足がつる!人は、次の事を行ってみてください。

1)お尻のマッサージを念入りにする。(特に坐骨付近)
2)ふくらはぎのマッサージをする。

以上です。

お尻のマッサージが上手く出来なければ、テニスボールなどを使ってやります。テニスボールの上に乗り、自分の感覚で、「ゴロンゴロン」といった感じです。
ふくらはぎにも使えますが、むしろ膝を使った方が楽で、確実です。
座ったままでも、寝ていても出来ますので、楽なほうで行ってください。

まず、膝を立てます。
右のふくらはぎをするならば、左膝の上にのせ、「ズリズリ」と前後左右に動かします。
結構痛いですので、ご自分で調整してください。

以上のようなとても単純なことですが、下手なマッサージを受けるより、よほど効果がありますので、是非自分のためにやってくださいね。

しっかり出来たら、翌明け方を楽しみに待ちましょう!
しかし、せめて3日ぐらいは続けてくださいよ。
自分で自分をする時は、痛くて中々深い筋肉までは出来ませんから・・・・
深部の筋肉がポイントです。

解説します。

この方法で改善するのは、血行不良から足がつる場合のみです。

使われ続けた筋肉は硬くなります。
筋肉が硬くなれば、その中に走る毛細血管中の流れが悪くなりますよね。

人間は眠りにつくと、自律神経の働きにより、全体の血流量が落ちるそうです。
元々、筋肉が硬くなり、血液の流れが良くなかった個所はさらに悪くなり、引きつって助けを呼ぶしか方法がなくなります。

ですので、あらかじめポイントとなる筋肉を和らげ、弾力をもたし、部分的な血液の流れを悪くする事を防いであげるのです。

まあ、やってみてください!

こんな事で楽になるのも、自分自身ですから・・・・
日々の身体の使い方や手入れによる、自分の取説を作ってください!
意外と防げる事も多いですよ。

こちらのご協力↓よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ありがとうございました。

posted by ルハ様 at 11:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。